カテゴリー

ヴィリディアン,Viridian,Guignet’s green,Vert Emeraude

人工無機顔料,酸化物素(焼成化合)系

含水酸化クロム Cr2O3・2H2O

1792年に元素を発見したが、1838年に作り出され、1859年に絵の具として工業的に作りだされた。

耐酸・アルカリ、耐光性だが、熱には変化する。

明るく深い透明性を持つ。どの色との混色も可能。乾燥性も早い。

彩色上、厚くも薄くも展色できる体質を持っている。

仏名でベールテムロードといい、英訳名がエメラルドグリーンとなるが、仏名で言うところのベールベロネーズ(Vert Veronese)がエメラルドグリーンを指す。

エメラルドグリーンが不安定なため、ヴィリディアンを用いてこの色味の効果を作り出す例として以下に示す。

下層に、少量のシルバーホワイト、ロウシェンナ(ネープルスイエロー色調)をおき、完全乾燥後、ヴィリディアンとわずかなシルバーホワイトで薄く展色する。

または、ヴィリディアンとストロンシャンイエローとの混色。

カテゴリー

ヴァーミリオン,辰砂(しんしゃ),朱,銀朱,Vermilion,Vermillion,Cinnabar

天然鉱物

赤色硫化水銀 HgS

鉱石の辰砂(しんしゃ)として産する。顔料としては辰砂を粉砕し水ひに得る。人工的に作られたバーミリオンと天然辰砂とは化学的、物理的に何ら変わらない。現在はほとんど人工の物が使われている。

 

硫化物系

硫化水銀 HgS

中国人が朱を人工的に最初に作り出したと言われている。製法には乾式法と湿式法がある。

水銀と硫黄の元素を化合させて作る色相は、三種類あり、触媒の製法の違いによち色味を出す。

1.フレンチヴァーミリオン(French Vermiiion,Vermilion Francias)・・・黄口、加里(苛性ソーダ)

2.ヴァーミリオン(Vermilion)・・・橙赤色

3.チャイニーズヴァーミリオン(Chinese Vermilion,Vermilion Chine)・・・赤口、ナトリウム(強アルカリ)を触媒

 

最も重い顔料。被覆力、体質性が強い。耐久性のある顔料。耐酸・アルカリで、光りに弱い。

余分な硫黄分が完全に除去されても、時と共に水銀と硫黄が分離して、表面が黒ずむことがある。(遊離硫黄)

シルバーホワイト・クローム系(鉛系)・酸化鉄系・銅化合物系・プルシャンブルーなどとの混色には、変色の危険がある。

不透明色、乾燥性は遅い。毒性を持つため、防腐・防虫作用がある。

混色・変色(用法上の注意)に留意すれば、大変堅牢な耐久性のある色。グラウンド・下層にも使用できる絵の具である。

乾燥後は、粉っぽくなりやすい。(樹脂の添加)

カテゴリー

レモンイエロー,バリウムイエロー,ウルトラマリン黄,Lemon Yellow,Jaune de Citron

人工無機顔料,酸化物素(焼成化合)系

クロム酸バリウム Ba・CrO4

1809年に発明。淡緑黄味色。

輝き、隠蔽力、被覆力、着色力は小さく弱い。熱に弱く、光りにあてておくと緑味を帯びる。

酸にやや弱い。耐アルカリ性。耐久性に欠ける。

乾燥性は遅く、乾燥後、緑色味、褐色味を生じやすい。

カテゴリー

マンガニーズブルー,Manganese Blue,Mineral Blue

人工無機顔料,酸化物素(焼成化合)系

硫酸バリウムの体質に定着させたマンガン酸バリウム BaMnO4 + BaSO4

硫酸ナトリウム、過マンガン酸カリウム、硝酸バリウムの混合、マンガン青

1935年頃発明された新しい顔料。着色力、隠蔽力は弱い。耐光・熱・酸・アルカリ。

空気に触れると吸湿・酸化を起こし暗色化を生じる。毒性を持つ。

他の色との混色可能。油絵の具としては安定したもの。フレスコにも使用可能。

カテゴリー

マンガニースヴァイオレット,ミネラルヴァイオレット,マンガン紫,Manganese Violet,Mineral Violet,Violet Mineral

人工無機顔料,酸化物素(焼成化合)系

燐酸マンガンのアンモニウム塩 (NH4)2Mn2(P2O7)2

1868年合成、1890年に絵の具として作られる。耐光・熱。強酸、アルカリに弱い。

隠蔽力は弱い。乾きが遅く、不透明色で着色力と被覆力はあるが、コバルトヴァイオレットと比べると色の冴えは鈍い。

 

カテゴリー

ベルデグリ,緑青,Verdigris

人工の二塩基性醋酸銅 Cu(C2H3O2)2・2Cu(OH)2

(天然の岩緑青・・・マラカイトグリーンは塩基性の炭酸銅)

古く古代より人工的に作り、用いていたらしいが、今日では作られていない。

古代の製法

銅を発酵したブドウの皮の上にかざしたり、または、酢を入れた樽に銅を封じ込めて作ったらしい。

中世の製法

金属銅片の上に醋酸ガスを作用させて作る粗製の醋酸銅を一度溶解させ、再び醋酸で再結晶させて顔料としたらしい。

醋酸銅(ベルデグリ、銅、銅塩)は天然樹脂質の液体に反応しやすく樹脂酸銅を作る。この溶液は緑色に染まり、透明な銅の緑として、また、乾燥させ、ガム・卵・エマルジョンメデュームなどとして、15世紀、16世紀中頃用いていたらしいと云われている。

Van Eyck Greenと称してこの時期フランドル、ドイツ、北イタリア地方で用いていたという暖かみのある銅系の青緑色は樹脂酸銅に天然の黄色有機染料(サフラン、ガンボージ、イエローレーキ等)を添加して作られたらしい。

カテゴリー

プルシャンブルー,紺青,藍色,Prussian Blue,Blue de Pruss,Berlin Blue,Antwerp Blue(明色種)

人工無機顔料,酸化物素(焼成化合)系

フェロシアン化鉄加里 K3Fe3[Fe(CN)6]3、または、フェロシアン化第二鉄 Fe4(Fe[CN]6)3 錯化合物(有機金属)

1704年発見。新しく人工合成的に発明された最も古い顔料。一般的には18世紀後半から19世紀初めに使われ出している。

粒子が非常に細かい(染料に近い)、光りに弱い(暗いところでもとに戻る特性がある)。

酸には安定しているが、アルカリに弱い。熱にも弱い。吸油量72%。

着色力が大変強いため、他の色を食ってしまう。どの色とも混色可能で、乾燥性は速い。

退色・変色しやすい。鉄分をきらう。溶き油で薄めた場合、強い透明性を持つ。

 

カテゴリー

フレークホワイト,Flake White

鉛化合物系

鉛白に少量の亜鉛華を混ぜ、亀裂が起こるのを防ぐ処理をした白。

或メーカーの混入成分・・・鉛白+少量の亜鉛華+サフラワー油

カテゴリー

ファンデーションホワイト,Foundation White,Appret Blanc

鉛系

フレークホワイトと似ているが、鉛白と亜麻仁油で錬ったもの。

下地用の白絵の具。

 

カテゴリー

パーマネントホワイト,Permanent White

メーカーによって異なるが、一般的にはチタン白と亜鉛華を同量位混ぜ合わせたもの。或メーカーでは、チタニウムホワイトの別名としている。