カテゴリー

テラローザ,Terra Rosa,Rouge de pouzzole,Terra rosso,Rosso Pozzouli

Terra Rosa,Rouge de pouzzole,Terra rosso,Rosso Pozzouli

天然土性またはその風化したもの

水酸化鉄の天然土(禍鉄鉱として)xFe2O3+yAl2O3・2SiO2+2H2O

隠蔽力が弱く、混色しても薄赤く染まる程度で浸食性はあまり心配ない。

大変堅牢な安定した物。

17世紀、18世紀西欧で布の赤色部分を描く際によく用いられた。

 

カテゴリー

シノピスアース,レッドオーカー,Sinopis Earth,Red Orcher,Ocre Rouge,Ocre Rossa

天然無機顔料(天然土性、または、その風化したもの。)

Sinopis Earth,Red Orcher,Ocre Rouge,Ocre Rossa

無水または含水酸化第二鉄 Fe2O3,Fe2O3・nH3O

酸化鉄系の各種の天然土、粘土、シリカなどを含有している。

堅牢な安定した不変色、耐光性も大。

 

カテゴリー

カッセルブラウン,Cassel Brown

Cassel Brown

ヴァンダイクブラウンと似た成分、特性、色味のもの。

カテゴリー

インディアンレッド,Indian Red,Rouge indian

Indian Red,Rouge indian

天然土性またはその風化したもの

赤色酸化鉄、Fe2O3 (弁柄)

天然のものは、明るい赤色味から濃いパープルレッドまである。

一般的には濃いめの色相。

 

日本画顔料の紅殻、弁柄朱、岱赭(たいしゃ)と呼ばれるものと同品種である。中国では、礬紅(ばんこう)、鉄丹と呼ばれる。

堅牢な安定した物であるが、隠蔽力、着色力が非常に強い。(他の色を浸食する性質)乾燥後チョーキングを生じやすい。

 

カテゴリー

イングリッシュレッド,English Red

English Red

天然土性またはその風化したもの

赤色酸化鉄赤 Fe2O3

淡赤色をした酸化鉄の一種を指して一般的に呼ばれている。

以前は天然産であったが今日では人工の物が多い。(石膏・・・硫酸カルシウムを含有している物が多い)

弁柄の一種。

弁柄

カテゴリー

イエローオーカー,Yellow Ocher,Ocre Jaune

天然無機顔料(天然土性、または、その風化したもの。)

ケイ酸アルミナと酸化鉄(Fe2O3+3H2O)

Gold Ocher・・・アルミナの含有量の多いもので同組成である。

Yellow Ocher Light/Pale・・・産地、組成分の比により色調が異なる。

淡黄色から赤褐色まで色味としてある。

酸・アルカリに安定しており、耐光性である。

熱には限界がある・・・焼成加工して無水塩化鉄として安置した顔料になる。色味はレッドオーカー、ライトレッド・オレンジ。

吸油量が大(65〜100%)のため、油絵具としては下層に用いると上層部に艶引き、チョーキング、亀裂を起こしやすいため注意。

油とは不透明を呈すが、産地により特に珪酸分を多く含有しているものは透明性を持つ。

油との乾燥性がやや悪い。

古くより彩料として絵画に用いられる。