カテゴリー

テルベルト(Terre Verte, Terre Vert)

主成分は硅酸鉄を含む粘土質の一種(天然緑土)

Mg(Fe)O・CaO・2SiO+(Mg・Fe)O(Al・Fe)2O3・3Sio2

無機鉱物

水酸化鉄・水酸化マグネシウム・ケイ酸アルミニウム・カリ

良質のものとしてイタリアのVerona(ベローナ)近くモンテバルト地方の物が良いと言われている。

Celadonite, Terre de Verone

色味は中間調の黄緑色〜淡緑灰色。

良質の物はサルビアの葉の色に近い灰緑色。

耐光性、空、酸、アルカリにも安定している。

隠蔽力が弱く透明色。

古典よりヨーロッパ絵画に多く用いられている。

テンペラ画、フレスコ画などに。

今日でも天然の物は手に入るが、多くは人工配合によって作られたものが多い。

透明酸化クローム(ビリジアン)・土性赤色顔料との配合が多い。

天然の物はテンペラ、壁画では下層などにも用いられている。

油彩ではグラシーとして。

 

カテゴリー

ヴァンダイクブラウン,Vandyck Brown,Brun Vandyck

Vandyck Brown,Brun Vandyck

天然土性またはその風化したもの

植物質の分解物(腐食質)・フミン酸・・・豆炭、褐炭に近い土性物質から作る褐色の有機天然土性顔料。(泥炭)

主成分・・・有機物質60%以上、少量の鉄、アルミナ、シリカ。

色味は暖色調の赤褐色を呈している。光りに弱く、タール・ビチュームの性質があるため、退色性がある。

油と混ぜると透明になる。木材の着色として使用される。薬品に弱い。

絵画でもグラシー用として使われていたが、18世紀前半を期に天然の物は廃れていった。

今日では酸化鉄系配合で色味を似せて作られている。

油煙(黒)+黄土・アンバー(褐色)・・・レーキとしてつくられる

カテゴリー

ローシェンナ,Raw Sienna,Terre de Sienne naturelle

天然無機顔料(天然土性、または、その風化したもの。)

無水、または含水酸化鉄 Fe2O3,Fe2O3+H2O(アルミナとシリカを含有する含水・無水酸化鉄)

化学、物理的性質は他の酸化鉄と似ている。

特殊なイエローオーカーとして、名称もイタリアのトスカーナ地方(Sienne地方)の土より産出されたため、品質も他のものより良いと言われている。

化学的に安定。耐光性。

熱には限界がある・・・焼成加工してバーントシェンナーを得る。

吸油量は大(50〜125%)、油との乾燥性は速い。

珪酸分を含有しているため透明性を持つ。

西欧絵画において古くよりいろいろな技法に使われており、安定した堅牢な絵の具。

地塗りとして、下層(特にシルバーホワイトとの混色)にも、グラシー用として上層へと使われる。

カテゴリー

ローアンバー,Raw Umber,Terre d’Ombre naturelle

天然無機顔料(天然土性、または、その風化したもの。)

含水酸化鉄と二酸化マンガン Fe2O+H2O(含水珪酸アルミニウム、またはアルミナマンガンを含む酸化鉄)

平均種の組成分・・・含水酸化鉄45%〜55%+二酸化マンガン8%〜16%+シリカ+アルミナ

最良の土は緑がかった茶の色相。耐光性で化学的にも安定している。(低級品は堅牢でなく、退色しやすい)

吸油量が大(85%)のため油性被膜は経年すると黒ずむ。

油との乾燥性はマンガン成分を含有するため速い。

大昔より塚荒れていたが、中世初期はあまり使われず、一般化されたのは15世紀頃よりと云われている。

カテゴリー

ライトレッド,Light Red,Brun Rouge

Light Red,Brun Rouge

天然土性またはその風化したもの

赤色酸化鉄、Fe2O3 (弁柄)

やや黄色みを呈する色相。

 

日本画顔料の紅殻、弁柄朱、岱赭(たいしゃ)と呼ばれるものと同品種である。中国では、礬紅(ばんこう)、鉄丹と呼ばれる。

堅牢な安定した物であるが、隠蔽力、着色力が非常に強い。(他の色を浸食する性質)乾燥後チョーキングを生じやすい。

 

カテゴリー

マルス系イエロー,レッド,ブラウン,バイオレット,Mars Yellow,Jaune de Mars,Mars Real,Rouge de Mars,Mars Brown,Brun de Mars,Mars Violet,Violet de Mars

天然無機顔料(天然土性、または、その風化したもの。)

Mars Yellow,Jaune de Mars,Mars Real,Rouge de Mars,Mars Brown,Brun de Mars,Mars Violet,Violet de Mars

水酸化第二鉄 Fe2O3・3H2oまたはFe(OH)2

原料を焼成する温度と時間によりオレンジからバイオレットの色相を作る。(人工オーカーより)

堅牢な不変色。着色力が大きい。乾燥はやや遅く、艶引けしやすい。

カテゴリー

ベネツィアンレッド,Venetian Red,Rouge de Venise

Venetian Red,Rouge de Venise

天然土性またはその風化したもの

赤色酸化鉄 FeO3(弁柄)

れんが色・・・天然酸化鉄、人工のもので硫酸鉄と炭酸カルシウム(硫酸カルシウム)の混合物を焼成して作られる。

また、天然黄土を焼成して作られる。

耐久性、被覆力が大きく、安定した色。

 

日本画顔料の紅殻、弁柄朱、岱赭(たいしゃ)と呼ばれるものと同品種である。中国では、礬紅(ばんこう)、鉄丹と呼ばれる。

堅牢な安定した物であるが、隠蔽力、着色力が非常に強い。(他の色を浸食する性質)乾燥後チョーキングを生じやすい。

 

カテゴリー

ブリリアントイエロー,Brilliant Yellow,Jaune de Brillant,Giallo Brillante

Brilliant Yellow,Jaune de Brillant,Giallo Brillante

天然土性またはその風化したもの

ネープルスイエローと同成分、同質のもの。

今日では人工配合で作られる。(鉛化合物系)

色味はネープルスイエローに比べ、やや淡桃色を呈している。

カテゴリー

ネープルスイエロー(アンチモンイエロー),Naples Yellow,Jaune de Naples,Giallo di Napoli

Naples Yellow,Jaune de Naples,Giallo di Napoli

天然土性またはその風化したもの

純粋の物は、アンチモン酸鉛 Pb3[SbO4]2,(PbSbO2)2

化学的組成は鉛と酸化アンチモンの化合物。成分比により黄色味からオレンジイエローまでの色味を呈す。

イタリアのナポリ近くのヴェスヴィオ火山土から採取された天然の土性顔料であった。今日では原料が少ないため、人工配合によりつくられている。

人工配合・・・亜鉛華、または鉛白、カドミウム黄、黄土、ライトレッドなどの混色(鉛化合物系)微粒で均質、隠蔽力はよい。化学的に安定している。耐久性は劣る。

カテゴリー

テールドカッセル,Terre de Cassel

Terre de Cassel

ヴァンダイクブラウンと似た成分、特性、色味のもの。