カテゴリー

ヴィリディアン,Viridian,Guignet’s green,Vert Emeraude

人工無機顔料,酸化物素(焼成化合)系

含水酸化クロム Cr2O3・2H2O

1792年に元素を発見したが、1838年に作り出され、1859年に絵の具として工業的に作りだされた。

耐酸・アルカリ、耐光性だが、熱には変化する。

明るく深い透明性を持つ。どの色との混色も可能。乾燥性も早い。

彩色上、厚くも薄くも展色できる体質を持っている。

仏名でベールテムロードといい、英訳名がエメラルドグリーンとなるが、仏名で言うところのベールベロネーズ(Vert Veronese)がエメラルドグリーンを指す。

エメラルドグリーンが不安定なため、ヴィリディアンを用いてこの色味の効果を作り出す例として以下に示す。

下層に、少量のシルバーホワイト、ロウシェンナ(ネープルスイエロー色調)をおき、完全乾燥後、ヴィリディアンとわずかなシルバーホワイトで薄く展色する。

または、ヴィリディアンとストロンシャンイエローとの混色。

カテゴリー

レモンイエロー,バリウムイエロー,ウルトラマリン黄,Lemon Yellow,Jaune de Citron

人工無機顔料,酸化物素(焼成化合)系

クロム酸バリウム Ba・CrO4

1809年に発明。淡緑黄味色。

輝き、隠蔽力、被覆力、着色力は小さく弱い。熱に弱く、光りにあてておくと緑味を帯びる。

酸にやや弱い。耐アルカリ性。耐久性に欠ける。

乾燥性は遅く、乾燥後、緑色味、褐色味を生じやすい。

カテゴリー

マンガニーズブルー,Manganese Blue,Mineral Blue

人工無機顔料,酸化物素(焼成化合)系

硫酸バリウムの体質に定着させたマンガン酸バリウム BaMnO4 + BaSO4

硫酸ナトリウム、過マンガン酸カリウム、硝酸バリウムの混合、マンガン青

1935年頃発明された新しい顔料。着色力、隠蔽力は弱い。耐光・熱・酸・アルカリ。

空気に触れると吸湿・酸化を起こし暗色化を生じる。毒性を持つ。

他の色との混色可能。油絵の具としては安定したもの。フレスコにも使用可能。

カテゴリー

マンガニースヴァイオレット,ミネラルヴァイオレット,マンガン紫,Manganese Violet,Mineral Violet,Violet Mineral

人工無機顔料,酸化物素(焼成化合)系

燐酸マンガンのアンモニウム塩 (NH4)2Mn2(P2O7)2

1868年合成、1890年に絵の具として作られる。耐光・熱。強酸、アルカリに弱い。

隠蔽力は弱い。乾きが遅く、不透明色で着色力と被覆力はあるが、コバルトヴァイオレットと比べると色の冴えは鈍い。

 

カテゴリー

プルシャンブルー,紺青,藍色,Prussian Blue,Blue de Pruss,Berlin Blue,Antwerp Blue(明色種)

人工無機顔料,酸化物素(焼成化合)系

フェロシアン化鉄加里 K3Fe3[Fe(CN)6]3、または、フェロシアン化第二鉄 Fe4(Fe[CN]6)3 錯化合物(有機金属)

1704年発見。新しく人工合成的に発明された最も古い顔料。一般的には18世紀後半から19世紀初めに使われ出している。

粒子が非常に細かい(染料に近い)、光りに弱い(暗いところでもとに戻る特性がある)。

酸には安定しているが、アルカリに弱い。熱にも弱い。吸油量72%。

着色力が大変強いため、他の色を食ってしまう。どの色とも混色可能で、乾燥性は速い。

退色・変色しやすい。鉄分をきらう。溶き油で薄めた場合、強い透明性を持つ。

 

カテゴリー

バーントシェンナ,Burnt Sienna,Terre de Sienne Brulee

人工無機顔料、酸化物素(焼成化合)系

無水または、含水酸化鉄 Fe2O3 酸化第二鉄

ローシェンナを焼いて作る。着色成分は酸化鉄である。

土性酸化鉄系の特性に似ている。吸油量は大きく、油による黒変を生じやすい。

安定した不変色。透明性があり、大変堅牢な絵の具である。

古くから使われている、彩色のグラウンド、下層にも多く使われている。

カテゴリー

バーントアンバー,Burnt Umber,Terre d’ombre brulee

人工無機顔料、酸化物素(焼成化合)系

ローアンバーと同成分。

含水珪酸アルミニウム、アルミナマンガンを含む含水珪酸鉄。

ローアンバーを焼いて作る。着色成分は酸化鉄と酸化マンガン。吸油量85%、耐光・酸・アルカリ。

安定した堅牢な絵の具。マンガンを含有しているため乾きが早い。透明性を持つ。

カテゴリー

チタニウムホワイト,Titanium White,Blanc de Titane

チタン白、Titanium White,Blanc de Titane

酸化チタン TiO

チタン元素は1791年に発見されたが、絵の具としては1920年頃より使われ出した。

隠蔽力は大変大きい。(白色顔料中最も大きい、鉛白の2倍)耐熱、光、空気、酸、アルカリに強い。

吸油量は酸化チタン23〜25%、チタンバリウム17〜18%。無毒である。

油絵の具の白で最も被覆力が大きく不透明白。どの色とも混色可能で亀裂がおこりにくい、きめの細かい絵の具。

顔料として乾性油に非反応性で、乾きも遅く、絵の具としての粘稠度(ねんちゅうど)も弱い。乾燥被膜も軟らかく、白亜化を生じやすい。

厚塗りしすぎると、油との分離を生じやすい。メーカーによってジンクの欠点、チタンの欠点を補うために、少量の体質顔料、乾燥剤、亜鉛華、チタン白とを混合してチタジンク白として製品化している。

水彩画用のチャイニーズホワイトは、当初或メーカーは亜鉛華を主成分としていたが、現在チタン白を朱としているようである。(メーカーによって異なる)

 

カテゴリー

ストロンシャンイエロー,ストロンチウムイエロー,Strontian Yellow,Jaune de strontiane

人工無機顔料,酸化物素(焼成化合)系

クロム酸ストロンチウム SrCrO4

冴えがある淡黄色味。隠蔽力は大きい。光りに当たると緑味を帯びやすい。

酸・アルカリにあまり強くない。良質の物ならば耐光性がある。どの色とも混色可能。

乾燥後青みを生じやすい。エメラルドグリーンとも混色可能。(カドミウムイエローペールの代用として)

カテゴリー

ジンクホワイト,亜鉛華,黄色みの白,亜鉛白,Zinc White,Chinese White

亜鉛華、黄色みの白、亜鉛白、Zinc White,Chinese White

酸化亜鉛 ZnO

亜鉛は1746年に発明されたが、絵の具としては1854年ごろから使われた。

吸油量(18%〜20%)、耐光性、耐酸性。アルカリ性に弱い。無毒。やや防腐作用をもつ。

乾燥性はやや遅い。隠蔽力は鉛白よりやや小さい。

油絵の具としてきわめて安定した白であり、硫化物を含む顔料との混色が可能である。(どの色とも混色可能)

しかしながら、密度が小さいため、被覆力、堅牢性に劣り、上に塗る塗膜に亀裂を生じやすい。大量、厚塗りには好ましくない。

乾燥、被膜は鉛白より明るく、冴えがあるようだが、固着力が弱く軟質である。(アンダーペインティング白油絵としてはあまり適さない)

下地作りとして亜鉛華の顔料粉と水性メデュームと混ぜて使うことは良い効果を示す。

酸化亜鉛そのものは堅牢であるが、媒剤に使う油のにより黄変をおこしやすい。