カテゴリー

ウルトラマリンブルー(群青, Ultramarine blue, Blue Outermer)

珪酸アルミニウムソーダと硫化ソーダの複塩

Na4Al3Si2O12

1828年合成法に成功。絵の具としては1854〜56年頃より。

製法上交雑物として遊離硫黄分を含む物がある。完全に除去されていればどの色とも混色自由であるが、クローム系、鉛系、銅系の絵の具との混色には注意を要する。

吸油量30%

良質の物は耐久力、被覆力が大きい。

透明性を持つ。

乾燥は余り速くない。

 

カテゴリー

テルベルト(Terre Verte, Terre Vert)

主成分は硅酸鉄を含む粘土質の一種(天然緑土)

Mg(Fe)O・CaO・2SiO+(Mg・Fe)O(Al・Fe)2O3・3Sio2

無機鉱物

水酸化鉄・水酸化マグネシウム・ケイ酸アルミニウム・カリ

良質のものとしてイタリアのVerona(ベローナ)近くモンテバルト地方の物が良いと言われている。

Celadonite, Terre de Verone

色味は中間調の黄緑色〜淡緑灰色。

良質の物はサルビアの葉の色に近い灰緑色。

耐光性、空、酸、アルカリにも安定している。

隠蔽力が弱く透明色。

古典よりヨーロッパ絵画に多く用いられている。

テンペラ画、フレスコ画などに。

今日でも天然の物は手に入るが、多くは人工配合によって作られたものが多い。

透明酸化クローム(ビリジアン)・土性赤色顔料との配合が多い。

天然の物はテンペラ、壁画では下層などにも用いられている。

油彩ではグラシーとして。

 

カテゴリー

アイボリーブラック(Ivory Black, Noir d’ivoire)

動物性・・・茶赤味を持った黒

動物性炭素・・・象牙、象牙屑を焼いた黒

密閉した炉で空気を絶ち蒸し焼きして作る

カテゴリー

ヴィリディアン,Viridian,Guignet’s green,Vert Emeraude

人工無機顔料,酸化物素(焼成化合)系

含水酸化クロム Cr2O3・2H2O

1792年に元素を発見したが、1838年に作り出され、1859年に絵の具として工業的に作りだされた。

耐酸・アルカリ、耐光性だが、熱には変化する。

明るく深い透明性を持つ。どの色との混色も可能。乾燥性も早い。

彩色上、厚くも薄くも展色できる体質を持っている。

仏名でベールテムロードといい、英訳名がエメラルドグリーンとなるが、仏名で言うところのベールベロネーズ(Vert Veronese)がエメラルドグリーンを指す。

エメラルドグリーンが不安定なため、ヴィリディアンを用いてこの色味の効果を作り出す例として以下に示す。

下層に、少量のシルバーホワイト、ロウシェンナ(ネープルスイエロー色調)をおき、完全乾燥後、ヴィリディアンとわずかなシルバーホワイトで薄く展色する。

または、ヴィリディアンとストロンシャンイエローとの混色。

カテゴリー

ヴァーミリオン,辰砂(しんしゃ),朱,銀朱,Vermilion,Vermillion,Cinnabar

天然鉱物

赤色硫化水銀 HgS

鉱石の辰砂(しんしゃ)として産する。顔料としては辰砂を粉砕し水ひに得る。人工的に作られたバーミリオンと天然辰砂とは化学的、物理的に何ら変わらない。現在はほとんど人工の物が使われている。

 

硫化物系

硫化水銀 HgS

中国人が朱を人工的に最初に作り出したと言われている。製法には乾式法と湿式法がある。

水銀と硫黄の元素を化合させて作る色相は、三種類あり、触媒の製法の違いによち色味を出す。

1.フレンチヴァーミリオン(French Vermiiion,Vermilion Francias)・・・黄口、加里(苛性ソーダ)

2.ヴァーミリオン(Vermilion)・・・橙赤色

3.チャイニーズヴァーミリオン(Chinese Vermilion,Vermilion Chine)・・・赤口、ナトリウム(強アルカリ)を触媒

 

最も重い顔料。被覆力、体質性が強い。耐久性のある顔料。耐酸・アルカリで、光りに弱い。

余分な硫黄分が完全に除去されても、時と共に水銀と硫黄が分離して、表面が黒ずむことがある。(遊離硫黄)

シルバーホワイト・クローム系(鉛系)・酸化鉄系・銅化合物系・プルシャンブルーなどとの混色には、変色の危険がある。

不透明色、乾燥性は遅い。毒性を持つため、防腐・防虫作用がある。

混色・変色(用法上の注意)に留意すれば、大変堅牢な耐久性のある色。グラウンド・下層にも使用できる絵の具である。

乾燥後は、粉っぽくなりやすい。(樹脂の添加)

カテゴリー

ヴァンダイクブラウン,Vandyck Brown,Brun Vandyck

Vandyck Brown,Brun Vandyck

天然土性またはその風化したもの

植物質の分解物(腐食質)・フミン酸・・・豆炭、褐炭に近い土性物質から作る褐色の有機天然土性顔料。(泥炭)

主成分・・・有機物質60%以上、少量の鉄、アルミナ、シリカ。

色味は暖色調の赤褐色を呈している。光りに弱く、タール・ビチュームの性質があるため、退色性がある。

油と混ぜると透明になる。木材の着色として使用される。薬品に弱い。

絵画でもグラシー用として使われていたが、18世紀前半を期に天然の物は廃れていった。

今日では酸化鉄系配合で色味を似せて作られている。

油煙(黒)+黄土・アンバー(褐色)・・・レーキとしてつくられる

カテゴリー

ローシェンナ,Raw Sienna,Terre de Sienne naturelle

天然無機顔料(天然土性、または、その風化したもの。)

無水、または含水酸化鉄 Fe2O3,Fe2O3+H2O(アルミナとシリカを含有する含水・無水酸化鉄)

化学、物理的性質は他の酸化鉄と似ている。

特殊なイエローオーカーとして、名称もイタリアのトスカーナ地方(Sienne地方)の土より産出されたため、品質も他のものより良いと言われている。

化学的に安定。耐光性。

熱には限界がある・・・焼成加工してバーントシェンナーを得る。

吸油量は大(50〜125%)、油との乾燥性は速い。

珪酸分を含有しているため透明性を持つ。

西欧絵画において古くよりいろいろな技法に使われており、安定した堅牢な絵の具。

地塗りとして、下層(特にシルバーホワイトとの混色)にも、グラシー用として上層へと使われる。

カテゴリー

ローアンバー,Raw Umber,Terre d’Ombre naturelle

天然無機顔料(天然土性、または、その風化したもの。)

含水酸化鉄と二酸化マンガン Fe2O+H2O(含水珪酸アルミニウム、またはアルミナマンガンを含む酸化鉄)

平均種の組成分・・・含水酸化鉄45%〜55%+二酸化マンガン8%〜16%+シリカ+アルミナ

最良の土は緑がかった茶の色相。耐光性で化学的にも安定している。(低級品は堅牢でなく、退色しやすい)

吸油量が大(85%)のため油性被膜は経年すると黒ずむ。

油との乾燥性はマンガン成分を含有するため速い。

大昔より塚荒れていたが、中世初期はあまり使われず、一般化されたのは15世紀頃よりと云われている。

カテゴリー

レモンイエロー,バリウムイエロー,ウルトラマリン黄,Lemon Yellow,Jaune de Citron

人工無機顔料,酸化物素(焼成化合)系

クロム酸バリウム Ba・CrO4

1809年に発明。淡緑黄味色。

輝き、隠蔽力、被覆力、着色力は小さく弱い。熱に弱く、光りにあてておくと緑味を帯びる。

酸にやや弱い。耐アルカリ性。耐久性に欠ける。

乾燥性は遅く、乾燥後、緑色味、褐色味を生じやすい。

カテゴリー

レッドリード,鉛丹,光明丹,Red lead,Minium,Mineral Orange

鉛丹、光明丹、Red lead,Minium,Mineral Orange

天然鉱物

四三酸化鉛 Pb3O4 赤鉛

油との乾燥性を促進する特性を持つが、油彩の顔料としてはほとんど使われていない。毒性がある。

ギリシャ・ローマ時代、よく鉛の赤として器物の顔料として使われた。壁画、板絵にはあまり使われていない。中央アジア、中国では壁画に使ったらしい。