カテゴリー

フレークホワイト,Flake White

鉛化合物系

鉛白に少量の亜鉛華を混ぜ、亀裂が起こるのを防ぐ処理をした白。

或メーカーの混入成分・・・鉛白+少量の亜鉛華+サフラワー油

カテゴリー

ファンデーションホワイト,Foundation White,Appret Blanc

鉛系

フレークホワイトと似ているが、鉛白と亜麻仁油で錬ったもの。

下地用の白絵の具。

 

カテゴリー

パーマネントホワイト,Permanent White

メーカーによって異なるが、一般的にはチタン白と亜鉛華を同量位混ぜ合わせたもの。或メーカーでは、チタニウムホワイトの別名としている。

カテゴリー

チタニウムホワイト,Titanium White,Blanc de Titane

チタン白、Titanium White,Blanc de Titane

酸化チタン TiO

チタン元素は1791年に発見されたが、絵の具としては1920年頃より使われ出した。

隠蔽力は大変大きい。(白色顔料中最も大きい、鉛白の2倍)耐熱、光、空気、酸、アルカリに強い。

吸油量は酸化チタン23〜25%、チタンバリウム17〜18%。無毒である。

油絵の具の白で最も被覆力が大きく不透明白。どの色とも混色可能で亀裂がおこりにくい、きめの細かい絵の具。

顔料として乾性油に非反応性で、乾きも遅く、絵の具としての粘稠度(ねんちゅうど)も弱い。乾燥被膜も軟らかく、白亜化を生じやすい。

厚塗りしすぎると、油との分離を生じやすい。メーカーによってジンクの欠点、チタンの欠点を補うために、少量の体質顔料、乾燥剤、亜鉛華、チタン白とを混合してチタジンク白として製品化している。

水彩画用のチャイニーズホワイトは、当初或メーカーは亜鉛華を主成分としていたが、現在チタン白を朱としているようである。(メーカーによって異なる)

 

カテゴリー

ジンクホワイト,亜鉛華,黄色みの白,亜鉛白,Zinc White,Chinese White

亜鉛華、黄色みの白、亜鉛白、Zinc White,Chinese White

酸化亜鉛 ZnO

亜鉛は1746年に発明されたが、絵の具としては1854年ごろから使われた。

吸油量(18%〜20%)、耐光性、耐酸性。アルカリ性に弱い。無毒。やや防腐作用をもつ。

乾燥性はやや遅い。隠蔽力は鉛白よりやや小さい。

油絵の具としてきわめて安定した白であり、硫化物を含む顔料との混色が可能である。(どの色とも混色可能)

しかしながら、密度が小さいため、被覆力、堅牢性に劣り、上に塗る塗膜に亀裂を生じやすい。大量、厚塗りには好ましくない。

乾燥、被膜は鉛白より明るく、冴えがあるようだが、固着力が弱く軟質である。(アンダーペインティング白油絵としてはあまり適さない)

下地作りとして亜鉛華の顔料粉と水性メデュームと混ぜて使うことは良い効果を示す。

酸化亜鉛そのものは堅牢であるが、媒剤に使う油のにより黄変をおこしやすい。

カテゴリー

シルバーホワイト,鉛白,白鉛,唐の土,クレムス白,Silver White,White Lead,Blanc d’argant

鉛化合物系

塩基性炭酸鉛 2PbCO3・Pb(OH)2

一般に炭酸鉛70%、水酸化鉛30%の割合で含有する。

最初に作られた人工顔料で紀元前4世紀ごろと言われている。

古く古代ギリシャ、中性での製法は金属鉛と酢(醋酸)を作用させて作られた。今日ではオランダ法(スタックー積み上げ法)、短時日でできるドイツ法、電解法、沈殿法で作られている。

吸油量9〜12%。酸に反応性をもつ。特に油との関係は良い効果を持つ。アルカリ性に弱いのでフレスコ画には使えない。

重質顔料。青味の白色。被覆力、着色力、耐久性は大きい。有害であるため、特に粉末状の時は注意を要する。(致死量25〜50g。体内に沈殿して中毒を起こす。)

油を入れた鉛白が大変堅牢、均質、強固な塗膜、非孔質な塗膜、固着力大、時と共に透明さが出てくる。これは鉛白中の水酸化鉛(Pb(OH)2)が亜麻仁油と鹸化作用を起こし、鉛石鹸(リノール酸鉛)を作るため。

油の乾燥を促進させる作用、鉛白中の炭酸鉛の作用で脱色作用もあると言われている。暗いところで黄色味が出た場合、明るいところで元に戻る。

油絵の具中、最も優れた物である。

混色は特に、硫化水素(硫黄分、硫化物系)により変色(黒変)をおこすため、硫化物系・・・特にヴァーミリオン、カドミウム系、ウルトラマリン系・・・には注意が必要。

この混色については、或研究者は、顔料粒子は油・樹脂分に包まれているため、直接他の顔料粒子との接触が緩慢となり、変色の影響が出にくい・・・と主張する例もある。

マダー類の紅色を吸収する特性を持つので、注意が必要。

古くより、グラウンド材として伝統的に使われている。またテンペラ、水彩画としても用いられていたようだが、油性媒剤ほど良い効果が出ないと言われている。

 

鉛白を加熱処理すると、黄色の一酸化鉛(金密陀=キンミツダ)ができる。温度をさらに上げていくと金密陀は溶けてリサージに変わり、酸化をつづけて鉛丹(四三酸化鉛)になる。

カテゴリー

クレムニッツホワイト,Cremnite White

鉛化合物系

最良の品質の鉛白が作られたクレムニッツ(チェコスロバキアのクレムニッツの地名)にちなんで命名された鉛白。

鉛白自体の物質の違いは無く、他の鉛白と同成分である。単に品質の違いにより、呼び名が付いているらしい。

白味が冴え、密度が大きく、よく結晶している。

或メーカーの紹介・・・サフラワー油で錬った純粋の塩基性炭酸鉛

カテゴリー

アンダーペインティングホワイト,Under Painting White

チタン白と少量の亜鉛華を重合した亜麻仁油で錬ったもの。速乾性である。

あるメーカーの成分内容

チタン白、亜鉛華、スタンドリンシードオイル、可塑剤