カテゴリー

ティリアンパープル(Tyrian Purple)

古代紫

エッチュウバイ類(軟体動物)の小さい血管、のうほうからの分泌物。

地中海沿岸、イギリス諸島を含む大西洋岸にいる。

ホネガイ、Murex brandaris, Purpura haemostomaを含む数種より取れる。

色味はローマ法王の正装の色。

インク、洋皮の染料、写本などに彩料として使われた。8世紀〜12世紀頃に使われていた。

カテゴリー

マンガニースヴァイオレット,ミネラルヴァイオレット,マンガン紫,Manganese Violet,Mineral Violet,Violet Mineral

人工無機顔料,酸化物素(焼成化合)系

燐酸マンガンのアンモニウム塩 (NH4)2Mn2(P2O7)2

1868年合成、1890年に絵の具として作られる。耐光・熱。強酸、アルカリに弱い。

隠蔽力は弱い。乾きが遅く、不透明色で着色力と被覆力はあるが、コバルトヴァイオレットと比べると色の冴えは鈍い。

 

カテゴリー

コバルトヴァイオレットライト(ペール),Cobalt Violet Right(Pale),Violet de Cobalt Clair

砒酸コバルト Co3(AsO4)2・8H2O,CO3(AsO4)2

1880年に製法が発明された。

赤みのある明るい紫。着色力は弱い。耐光・酸・アルカリ。化学薬品に安定している。

有毒。

鉛、鉄分を嫌うため鉛系、鉄分を含んだ土性系の顔料と混色すると分解し、色味を消失する。

また、鋼鉄製ナイフの使用も注意が必要。乾燥後、湿気を吸うと赤みを呈する。(樹脂溶液のコーティングをすれば危険がのぞける)

耐久性のある堅牢な絵具である。

カテゴリー

コバルトヴァイオレットディープ,Cobalt Violet Deep,Violet de Cobalt Fonce

燐酸コバルト Co3(PO4)2,CO3(PO4)2・8H2O

1859年に発明された。

Rightと同じ特性。毒性はない。