カテゴリー

ログウッド( Logwood)

蘇芳(すおう)

ロイコ化合物、ヘマトキシン C16H14O6 −> 空気に触れてヘマテイン C16H12O6

ロックウッドの木から抽出する。(メキシコ、中南米、西インド諸島)

生木の内部では黄色、外部の空気に触れて暗褐色になる。

赤色染料、強い光に弱い。

古くは染料、水彩絵具のレーキ、インクとして使われていた。また、生物学用の染色液用に使われている。

331px-Haematoxylum_campechianum_Ypey69

画像はWikipediaより

Tab. 69 from Adolphus Ypey, Vervolg ob de Avbeeldingen der artseny-gewassen met derzelver Nederduitsche en Latynsche beschryvingen, Eersde Deel, 1813

published by Kurt Stüber, http://www.biolib.de

カテゴリー

ビスタ(Bistre)

樹脂分を多く含む木材やブナ材を燃やした油煙から作る。

成分はアスファルト(タール質)に近い。

黄褐色〜黒褐色味の水性メデューム用の彩料として使われる。

耐久性に欠け、強い光線では褪色しやすい。

14世紀頃の書籍類の挿絵につかわれた。

レンブラントは水彩、デッサン用に使っている。

カテゴリー

ケルメス(Kermes lake, Grain lake)

ケルメス酸 C18H12O9

南ヨーロッパ各地に産するケルメスカシの上にいる昆虫(Coccus ilicius)の雌の身体を干した物から得る。(ボクトガ科)

コチニールに似ている。色味のさえが弱い。

古くはエジプト初期より使われていたが、後にラックレーキ(インド)、コチニールレーキ(メキシコ)が出てきてこのレーキは使われなくなった。最も古い天然染料である。

カテゴリー

ヴァンダイクブラウン,Vandyck Brown,Brun Vandyck

Vandyck Brown,Brun Vandyck

天然土性またはその風化したもの

植物質の分解物(腐食質)・フミン酸・・・豆炭、褐炭に近い土性物質から作る褐色の有機天然土性顔料。(泥炭)

主成分・・・有機物質60%以上、少量の鉄、アルミナ、シリカ。

色味は暖色調の赤褐色を呈している。光りに弱く、タール・ビチュームの性質があるため、退色性がある。

油と混ぜると透明になる。木材の着色として使用される。薬品に弱い。

絵画でもグラシー用として使われていたが、18世紀前半を期に天然の物は廃れていった。

今日では酸化鉄系配合で色味を似せて作られている。

油煙(黒)+黄土・アンバー(褐色)・・・レーキとしてつくられる

カテゴリー

ローシェンナ,Raw Sienna,Terre de Sienne naturelle

天然無機顔料(天然土性、または、その風化したもの。)

無水、または含水酸化鉄 Fe2O3,Fe2O3+H2O(アルミナとシリカを含有する含水・無水酸化鉄)

化学、物理的性質は他の酸化鉄と似ている。

特殊なイエローオーカーとして、名称もイタリアのトスカーナ地方(Sienne地方)の土より産出されたため、品質も他のものより良いと言われている。

化学的に安定。耐光性。

熱には限界がある・・・焼成加工してバーントシェンナーを得る。

吸油量は大(50〜125%)、油との乾燥性は速い。

珪酸分を含有しているため透明性を持つ。

西欧絵画において古くよりいろいろな技法に使われており、安定した堅牢な絵の具。

地塗りとして、下層(特にシルバーホワイトとの混色)にも、グラシー用として上層へと使われる。

カテゴリー

ローアンバー,Raw Umber,Terre d’Ombre naturelle

天然無機顔料(天然土性、または、その風化したもの。)

含水酸化鉄と二酸化マンガン Fe2O+H2O(含水珪酸アルミニウム、またはアルミナマンガンを含む酸化鉄)

平均種の組成分・・・含水酸化鉄45%〜55%+二酸化マンガン8%〜16%+シリカ+アルミナ

最良の土は緑がかった茶の色相。耐光性で化学的にも安定している。(低級品は堅牢でなく、退色しやすい)

吸油量が大(85%)のため油性被膜は経年すると黒ずむ。

油との乾燥性はマンガン成分を含有するため速い。

大昔より塚荒れていたが、中世初期はあまり使われず、一般化されたのは15世紀頃よりと云われている。

カテゴリー

バーントシェンナ,Burnt Sienna,Terre de Sienne Brulee

人工無機顔料、酸化物素(焼成化合)系

無水または、含水酸化鉄 Fe2O3 酸化第二鉄

ローシェンナを焼いて作る。着色成分は酸化鉄である。

土性酸化鉄系の特性に似ている。吸油量は大きく、油による黒変を生じやすい。

安定した不変色。透明性があり、大変堅牢な絵の具である。

古くから使われている、彩色のグラウンド、下層にも多く使われている。

カテゴリー

バーントアンバー,Burnt Umber,Terre d’ombre brulee

人工無機顔料、酸化物素(焼成化合)系

ローアンバーと同成分。

含水珪酸アルミニウム、アルミナマンガンを含む含水珪酸鉄。

ローアンバーを焼いて作る。着色成分は酸化鉄と酸化マンガン。吸油量85%、耐光・酸・アルカリ。

安定した堅牢な絵の具。マンガンを含有しているため乾きが早い。透明性を持つ。

カテゴリー

テールドカッセル,Terre de Cassel

Terre de Cassel

ヴァンダイクブラウンと似た成分、特性、色味のもの。

 

カテゴリー

シノピスアース,レッドオーカー,Sinopis Earth,Red Orcher,Ocre Rouge,Ocre Rossa

天然無機顔料(天然土性、または、その風化したもの。)

Sinopis Earth,Red Orcher,Ocre Rouge,Ocre Rossa

無水または含水酸化第二鉄 Fe2O3,Fe2O3・nH3O

酸化鉄系の各種の天然土、粘土、シリカなどを含有している。

堅牢な安定した不変色、耐光性も大。