カテゴリー

ウルトラマリンブルー(群青, Ultramarine blue, Blue Outermer)

珪酸アルミニウムソーダと硫化ソーダの複塩

Na4Al3Si2O12

1828年合成法に成功。絵の具としては1854〜56年頃より。

製法上交雑物として遊離硫黄分を含む物がある。完全に除去されていればどの色とも混色自由であるが、クローム系、鉛系、銅系の絵の具との混色には注意を要する。

吸油量30%

良質の物は耐久力、被覆力が大きい。

透明性を持つ。

乾燥は余り速くない。

 

カテゴリー

テルベルト(Terre Verte, Terre Vert)

主成分は硅酸鉄を含む粘土質の一種(天然緑土)

Mg(Fe)O・CaO・2SiO+(Mg・Fe)O(Al・Fe)2O3・3Sio2

無機鉱物

水酸化鉄・水酸化マグネシウム・ケイ酸アルミニウム・カリ

良質のものとしてイタリアのVerona(ベローナ)近くモンテバルト地方の物が良いと言われている。

Celadonite, Terre de Verone

色味は中間調の黄緑色〜淡緑灰色。

良質の物はサルビアの葉の色に近い灰緑色。

耐光性、空、酸、アルカリにも安定している。

隠蔽力が弱く透明色。

古典よりヨーロッパ絵画に多く用いられている。

テンペラ画、フレスコ画などに。

今日でも天然の物は手に入るが、多くは人工配合によって作られたものが多い。

透明酸化クローム(ビリジアン)・土性赤色顔料との配合が多い。

天然の物はテンペラ、壁画では下層などにも用いられている。

油彩ではグラシーとして。

 

カテゴリー
ニス

サンダラックを用いた古いワニス(ド・マイエルンの手記=>イヴァン・ティエール)

  • ラベンダーアスピック:50g
  • サンダラック:25g
  • マスティック:6g

 

カテゴリー
ニス

ヴェツィアテレピンバルサムの古いワニス(ド・マイエルンの手記=> イヴァン・ティエール)

  • ヴェツィアテレピンバルサム:1.5オンス、1.75オンス、2オンス
  • マスティック:0.5オンス
  • テレピン:4オンス
カテゴリー
ニス

マスティックを用いた油っぽく無いニス(イヴァン・ティエール)

  • マスティック:1
  • テレピン:1

用途に応じテレピンにて希釈

カテゴリー
ニス

ビュッセによるルーベンスが使っていたという古いニス

  • 油に溶いたコーパル樹脂:1
  • ポピーオイル:2
  • ペトロール(テレピン)、ラベンダーアスピック:2

 

カテゴリー
樹脂

シェラック Shellac

原料

  • カイガラムシ(ラックムシ)の樹脂性分泌物
  • インド、ビルマ、タイが原産地

特性

  • 最良質のものは粒が大きい、別名シードラックという
  • 融点・・・115度〜120度
  • テレピン、ペトロール、エーテル、ベンゼン、アセトンには部分溶解
  • アルコールに溶解

用途

  • フィクサチーフ用の樹脂
  • 画用のワニスとしては用いられていない
  • 木材累のワニスとして

594px-Schellak

 

画像はWikipediaより

カテゴリー
樹脂

エレミゴム Elemi Gum

原料

  • カンラン科の木より採取する
  • マニラエレミゴム・・・フィリピン諸島

特性

  • 融点・・・77度〜120度
  • 半結晶の黄色樹脂
  • 軟質で粘気を持った樹脂
  • アルコール、エーテル、ベンゾール、クロロホルムに溶解する
  • テレピン、ペトロールには部分溶解

 

用途

  • 柔軟なワニスを求める時に、また、描画用ワニスとしても好ましい
  • しなやかさ、柔軟性があり他の樹脂との混合が良い
  • ワニスの粘度を調整したりするのに好ましい

 

修復用として

  • カンバスの裏打ちのための接着剤として(ダンマル樹脂、ロウ、エレミゴム)
カテゴリー
樹脂

コロファン Colophane, ロジン Rosin, コロホニウム Colophony

原料

各種の松の木(松脂)から照れピンを取り、残った残留物(樹脂分)

特性

  • 柔らかく砕けやすい
  • 融点・・・120度〜150度
  • ワニスの伸び、流動性を与える
  • テレピン、ペトロール、アルコール、エーテル等に完全溶解
  • コロファンを単一のワニスとしてはあまり好ましくない
カテゴリー
体質顔料(人工)

シリカ(Silicon dioxide)

SiO2 二酸化ケイ素

天然は石英、鱗珪石、クリストバル石等より得る。人工的には高圧高温反応により得る。(シリカC,K,W)

水、酸には溶けにくく、アルカリ融解により可溶性のケイ酸塩となる。

油絵具の透明性を助長させる添加剤として。

水ガラス・・・Fluid silica(カリウムのケイ酸塩)1648年に発明。商品としては1825年頃より。強アルカリ、接着剤として、壁画などの仕上げのコーティング材料としての定着剤。